Win10『ゲームバーを開きますか?』の究極の無効化方法

【2018年度版】おすすめPING送信先リスト

どうも

キーボードを押し間違えてしまう自分が許せない たむら(tamuradotcom )です。

皆さんはキーボードの押し間違え(誤爆)はありますか?

たまにメインPC以外のパソコンやキーボードを使うと誤爆してしまう人も多いんじゃないでしょうか?

たむらも先日、慣れないノートパソコンでエクセルを使用中に『Ctrl+G』のショートカットキーを使用しようとしたのですが、『Windowsキー+G』の押し間違えをしてしまいました。

すると、『ゲームバーを開きますか?』の文字が…

最初は、「はいはい」程度で閉じていたのですが、ノートパソコンの文字配列が謎の配列になっていたせいか何度も押し間違えてしまいました。

ということで今回はついつい押し間違えてしまう『Windowsキー+G』の無効化の方法を説明したいと思います。

もうゲームバーは開きたくない!!『Windows+G』を無効化するやり方

もうゲームバーは開きたくない!『Windows+G』を無効化するやり方

『Windows+G』を押してしまうと↑のように『ゲームバーを開きますか?』という表示が出てしまいESCを押すかどこかクリックするまでアクティブ権を奪われてしまいます。

言ってしまえば押し間違えてしまう自分が悪いのですが、誰にでも間違いはありますし、ゲームバーを誰が使ってるんだっていう思いもあります。ジャニーズのコンサートに来ているファンの中でこのショートカットキー使っているか聞いたら0人になるほど誰も使ってない自信あります。

必要な人には必要なんでしょうけど、必要ない人にはトコトン必要ない『Windows+G』のショートカットキー、何に使うものなのか調べたところ、ゲーム画面などを配信・録画できる機能だそうです。ゲーム実況などする人なら必要なショートカットキーかもしれませんね。

ただ、ゲーム実況する人なら他のキャプチャーソフトを使用するでしょうし、やっぱりいらない。

解決方法

1:まずは、タスクバーの左端にある『Windowsのアイコン』をクリックするか、キーボードの『Windowsキー』を押してスタートメニューを開きます。


2:設定をクリックして開きます。

設定


3:Windowsの設定画面を開いたらXboxアイコンの『ゲーム』という項目をクリック。

設定


4:ゲームの設定画面を開いたら『ゲームバーを使ってゲームクリップ、スクリーンショットを記録し、ブロードキャストする』という項目をクリックしてオフにするだけ。

設定


これで間違って『Windows+G』を押してしまってもゲームバーを開かなくなりました。

しかし、押し間違えてしまう自分を棚に上げてショートカットキーを無効化するという行為はコンピュターに対する”逃げ”ではないのか…子供のころの柔軟な自分だったらすぐに対応出来ていたであろう…それを無効化して逃げている自分はなんて無力なんだ…と、そんなことを考えている暇があったら無効化して別作業に取り掛かりましょう!

「『Windows+G』を無効化したくないしイライラもしたくない」という人はカルシウムを取りましょう。

イライラするあなたへ小林製薬の栄養補助食品 カルシウムMg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。