ヤマト運輸で不着・誤配!?宅配ボックスの入れ間違いを絶対に認めないドライバーに出会ってしまった話

【不着】ヤマトで宅配ボックスに入ってなかったので電話したらドライバーの対応が最悪だった話

どうも
宅配ボックスが便利すぎて使いまくってる たむら(tamuradotcom )です。

皆さんの自宅には宅配ボックスはありますか?

あれってすごく便利ですよね。

知らない方のために説明しますが、宅配ボックス(宅配BOX)とは、宅配業者が配送する荷物を家に不在の時でも、受け取れることができるという代物です。
(宅配ボックスについてもっと知りたい方はこちらを参照ください:【包み隠さず教えます】宅配ボックス初心者のために「仕組み」と「使い方」を解説してみた

少し管理費が高めのマンションなんかに増えてきてますね。

使い方としては、色々なタイプの宅配ボックスがありますが、たむらのマンションは、液晶画面に部屋番号を入力→荷物を入れるバックスの番号を選んで荷物を入れて閉める→液晶の下の捺印装置のようなものでハンコ→レシートのような証明書のようなものが出て終了 という流れです。

そして、荷物が届いてる住人は、液晶で自分の部屋番号をチェックして荷物が届いていたら暗証番号orカードキーor電子ロック付きの鍵で荷物を取り出します。

ちなみに、こんなやつ↓を買えば、戸建てでも簡易的な宅配ボックスを設置することもできます。

それでは本題に入りましょう。

今回はそんな便利な宅配ボックスが生んだ悲しいお話です。

ヤマトで配達完了になってるのに宅配ボックスに入ってなかった話

宅配ボックスって、外出していようが、出るのが面倒で寝ていたとしても届いた商品を受け取ることができるんですよ。ネットショッピングを多様する身としては便利すぎて宅配ボックスの中に住みたいくらいです。

というわけで先日、Amazon で5,000円ほどの商品を購入しました。

Amazon で購入した商品の状況は注文履歴から”配送状況を確認”という項目で確認することができます。また、スマホの Amazon アプリで通知を ON にしておけば商品が発送されたタイミングと商品が配送完了されたタイミングでスマホに通知がきます。

今回もスマホに”配達完了しました”という通知がきたので、こっそりとマンションの宅配ボックスを見に行くと…

届いてない!!

スマホには確かに『配達済み』の通知が…

Amazon配達済み

しかし、宅配ボックスの液晶画面には自分の部屋番号が無いのです。

あー、またこのパターンか…

以前、同じく Amazon で買い物をした時に デリバリープロバイダ という配送業者の時に不着が何回かあり、その時は デリバリープロバイダ に電話して保証してもらいました。

デリバリープロバイダ の不着対応の電話は慣れているようで、

不着・誤配、デリバリープロバイダの対応は?

プルルルル…

たむら「もしもし、Amazonからの荷物が配達完了になっているのに不着なのですが…」

デリバリープロバイダ「大変申し訳ございません。ドライバーに確認しますので伝票番号を~」

たむら「伝票番号は~」

デリバリープロバイダ「それでは、ドライバーから電話させますのでお待ち下さいませ」

数分後に携帯電話の番号から電話

ドライバー「〇〇運輸の〇〇と申します。Amazonからの荷物の不着の件でお電話しました。」

たむら「宅配ボックスにも入ってなくて~」

ドライバー「大変申し訳ございません。これから数件回ったらマンションのほうへ調査に向かいます。マンションへ到着しましたら再度お電話させて頂きます。」

数時間後

プルルルル…

たむら「はい」

ドライバー「今マンションに到着しまして、管理人さんにも伺ったのですがやはり入っていませんね…」

たむら「そうなんです」

ドライバー「大変申し訳ございません。すぐにこちらからAmazonに連絡して返金の手続きをさせて頂きますので」

たむら「お願いします」

色々と省きましたが大体はこんな感じの会話でした。

その後、Amazon から無事に返金されました。

というわけで、今回は大手運送会社のヤマト運輸さんということもあり、不着対応も問題ないかと思ったのですが…

ヤマト運輸、ドライバーの電話対応がひどかった話

ヤマト運輸、ドライバーの電話対応がひどかった話

宅配ボックスは対面しなくても受け取れて便利&配送業者も再配達する手間が省けて楽という反面、どうしても不着・誤配というミスが生じます。

たむら的には、不着や誤配どうこうよりも宅配業者に電話をして話すのが面倒なだけであって不着や誤配にはそこまでイライラすることではないと思います。(人それぞれ、荷物にもよるでしょうが)

ですので、さっさと電話してさっさと荷物(商品)が届けばいい!というのが不着・誤配に対しての思いです。

というわけで続きですが、Amazon からの”配達完了しました”という通知を受けて宅配ボックスを見に行くと荷物が無いのです。

ポストをみてみると、いつものヤマト運輸の不在伝票に『宅配ボックス5番に入れました』と印刷されています。

うちのマンションには、宅配ボックスに液晶画面がついており、配達された部屋番号が表示される仕組みになっています。

しかし、液晶画面には自分の部屋番号もなく、5番の宅配ボックスにも入っていません。

この時点では、(不着か他のマンションに誤配したのか、電話面倒だな)という思いしかありませんでした。

部屋に戻り、さっそくヤマト運輸に電話します。

ぼくと同じように不着や誤配で困っている方のためにヤマト運輸のお問い合わせ番号をのせておきます。

ヤマト運輸お客様サービスセンターへのお問い合わせ

ナビダイヤル番号

0570-200-000(電話料金はお客様ご負担となります)
※固定電話からは引き続きフリーダイヤル0120-01-9625をご利用いただけます

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-01-9625
携帯電話・PHSから:0570-200-000
050IP電話から:050-3786-3333

参考お客様サービスセンターへのお問い合わせにナビダイヤル導入のお知らせ | ヤマト運輸

スマホからナビダイヤルへの通話は話し放題プランでも通話料がかかりますのでお気をつけください。

というわけで、電話をかけます。

ヤマト運輸のナビダイヤル、スマホからは通話料がかかるうえに全然繋がらない

しかし、何回かけても「現在、混み合っています」という自動音声が流れます。

時間を置いて電話をかけてみます。

「現在、混み合っています」

オペレーターに電話が繋がったのは2時間後くらいでした。

調べてみると、ヤマト運輸のナビダイヤルは繋がりにくいということで有名のようで…

ヤマト運輸に電話が繋がらないのは、なぜですか。
今週は、一度も繋がりませんでした。

Yahoo!知恵袋

朝8時からヤマト運輸サービスセンター(0570-200-000)に携帯から電話すると、

「大変込み合っています、再度おかけ直し下さい」

とアナウンスされ、一方的に電話を切られた。
​​何度かけても同じで、やっと配達予定メールからフリーダイヤル(0120-01-9625)の番号が見つかったので、電話しようとしたら「携帯電話はご利用できません」と書いてし、実際に繋がらない。

どうなっている!ヤマト運輸のサービスセンター対応

荷物が来ない。
再度、サービスセンターに問合せしたら、これがまた電話がなかなかつながらない!(携帯からはナビダイヤルなので通話料かかるんだよボケ!)
やっとつながったかと思ったら、『すぐ担当のドライバーから連絡させます!』
・・・・その後、20分経っても電話はなく。
もーーーーーーーー私のイライラはマックス。

頭にくる!!クロネコヤマトに物申す

かなり評判が悪い様子。

やっと繋がったあとは、オペレーターに不着の報告、伝票番号と住所を伝えるとドライバーから折り返し電話させるとのこと、内容はデリバリープロバイダの時と一緒です。

ちがうのはここからです。

ヤマトドライバーとたむらの通話記録

プルルルル…

たむら「はい」

ヤマトドライバー「ヤマト運輸の〇〇です。たむらさんですか?」

たむら「そうです」

ヤマトドライバー「宅配ボックスに入ってませんでしたか?」

たむら「入ってませんでしたね」

ヤマトドライバー「入れたんだけどなー、家族や他の人が取り出した可能性もないですか?」

たむら「ないですね」

ヤマトドライバー「どうしようかなー、とりあえず折電でいいっすか?」

たむら「わかりました。お願いします。」

折電って…仕事で使う言葉じゃないですよね。

少なくとも、”不着”というクレーム対応中に使用する言葉ではありません。

それから30分後

プルルルル…

たむら「はい」

ヤマトドライバー「ヤマト運輸の◯◯ですけど、やっぱり宅配ボックス届いてないすか?」

たむら「届いてないですね」

ヤマトドライバー「どうしようかなー、どうしたらいいんですかね?」

えぇ…どうしたらいいんですかね?はこっちのセリフなんですが…

たむら「以前、他の運送会社さんで不着した時は返金の手続きをしてもらいましたけど」

ヤマトドライバー「いくらくらいのものなんですか?」

たむら「5000円くらいですね」

ヤマトドライバー「5000円の商品がたむらさんにとって安いか高いかはわかりませんがどう捉えるかですよね」

たむら「はあ…」

ヤマトドライバー「宅配ボックスの暗証番号ってたむらさんしか知りませんか?」

たむら「そのはずです」

ヤマトドライバー「じゃあマンションの管理会社に頼んで暗証番号を変えてもらったほうがいいですね」

ちなみに、うちのマンションは宅配ボックスに荷物が入るとインターホンに『荷物が届いています』というお知らせがでるため、宅配業者が荷物を入れてから荷物が取り出されたかわかるようになっています。

今回は、インターホンに荷物が届いているお知らせすら出ていないため、ドライバーが『部屋番号を間違えた』or『マンションを間違えた』ということになります。

これまでヤマト運輸による不着や誤配はなかったため、マンションの間違いではないでしょう。

可能性があるとすれば、宅配ボックスに入れる際に、『違う部屋番号を入力してしまいそこの住人が取り出した』ということです。

ヤマト運輸のほうの伝票の控えにどんな表示があるのかはわかりませんが、ここまで否を認めないとなると確実に宅配ボックスには入れたのでしょう。

たむら「インターホンに宅配ボックスに入ったお知らせが届くんですが、今回届いてなかったんですよね」

ヤマトドライバー「うーん、じゃあ壊れているか暗証番号を変えるかですかね」

こいつ絶対に認めない、誤配したら誰かに殺されるんか?

もうどっちかが折れるしかありません。

絶対に不着・誤配を認めないヤマトドライバー VS 届いてない住人

こんなやばいやつに住所と本名がバレているこっちのほうが明らかに不利です。

たむら「じゃあちょっと管理会社に聞いてみます」

ガチャ

完敗です。

「木村、もういいよ帰ろう」と言ったビートたけしの気持ちがわかります。

これが、引っ越して来たばかりの住人がめちゃくちゃ高い荷物で不着不着と騒いでるならわかりますが、ほとんど毎日荷物が届いていて宅配ボックスで受け取っているたむらですからね。

適当に謝って返金するのは会社が許さないのでしょうか?

ヤマト運輸の不着・誤配事故にAmazonの対応は

ヤマト運輸の不着・誤配事故にAmazonの対応は

ということで、このことを Amazon に連絡。

すると、

Amazon.co.jpにご連絡いただき、ありがとうございます。

このたびは、ご注文商品がお手元に届いていない件について、ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。

(1)誠に申し訳ありませんが、今回のご注文商品はAmazon.co.jp以外の第三者が販売する商品のため、Amazon.co.jpにて交換をお受けできかねます。

そのため、今回の件について、商品『商品名』の返金処理を行いましたので、お知らせいたします。

返金額:円
返金方法:クレジットカードに返金
返金時間:

ご利用のクレジットカード会社によって、同月の請求金額分から返金額を差し引いて引き落としされる場合や、締日にいったん請求後、翌月以降に返金される場合があります。

また、返金をクレジットカード会社で確認できるようになるまでお時間を要する場合がございます。当サイトでの返金処理完了後、クレジットカードご利用明細表示内容にご不明点がございます場合は、クレジットカード会社にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

(2) 商品をご希望される場合は、お手数をおかけして申し訳ありませんが在庫状況をご確認のうえ、再度ご注文をお願いいたします。商品詳細ページは、以下のURLよりご覧ください。

今回◯◯様にご迷惑をおかけした件については、今後このようなことが起こらないようサービスの改善に努めてまいります。何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。

(3) ご迷惑をおかけしたお詫びとしてはささやかですが、300円分のクーポンをお客様のアカウントに登録させていただきました。

このクーポンはAmazon.co.jpが販売する商品のご注文にご利用いただけます。(出品者が販売する商品、および販売元がAmazon以外のデジタルコンテンツは対象外です)

アカウントサービス上でクーポン残高の確認はできませんのでご了承ください。クーポンをご利用の際は、お支払い方法の選択画面でクーポン残高のチェックボックスにチェックが入っていること、ならびに注文を確定する画面でクーポン分の金額が差し引かれていることをご確認のうえ、注文を確定してください。1-Clickでのご注文の場合、このクーポンは自動的に適用されます。なお、お支払い方法が携帯決済の場合はクーポンは適用されません。また、アカウントサービス上でクーポン残高の確認はできませんのでご了承ください。

—————————————-
有効期限:◯年◯月◯日
金額:300円
—————————————-
金銭的なことではないことは重々承知をしておりますが、このまま何もご提案できないのも非常に心苦しい限りでございます。ご利用を強要するものではございませんし、また、今回のようなことがありながら、再度ご利用くださいとお願いできる立場でもございませんが、お客様は、当サイトをご利用いただいております大切なお客様であり、今後も末永くお付き合いいただきたく存じます。今回の件で損ないましたお客様からの信頼は容易に回復できないことは承知しておりますが、今後とも少しでもご満足いただけるサービスを提供できますよう、スタッフ一同努力して参ります。まだまだ至らない点もございますが、何卒ご容赦のうえ、今後ともAmazon.co.jpをご利用いただきましたら大変幸いでございます。

こういう保証があるから Amazon で買い物しちゃうんですよね。

ヤフーのキャッシュしか残ってないんですけど、Amazon で頼んだ PS4 が宅配ボックスから盗難にあった人も、Amazon が再び PS4 を送ってくれたみたいです(参考PS4を盗まれたけど、Amazonが助けてくれた話。

この人のブログを見てもわかるとおり、ヤマト運輸のすべてのドライバーの対応が悪いわけではなく、担当してくれているドライバーによると思います。

引っ越す前の地域のヤマト運輸のドライバーはめちゃくちゃ丁寧な人だったなぁ(懐古)

引っ越しというのは運送会社のドライバーガチャでもあるわけですね。

というわけで、今回はヤマト運輸の不着と誤配について話していきました。

「こんなドライバーいるわけねーだろ!」と思う方もいるでしょうが、すべて事実です。

これはもう、海外の運送会社のぶっ飛び画像をみて「ヤマト運輸はまだマシなほうだな」と思うことにしましょう。ちなみに海外では再配達というサービスはやってないところも多く、意地でも荷物を置いていくようです。

最後どうなってんねん…

今回のドライバーも「どっかには配達したから自分で探せよ」というスタンスだったのかもしれません。

皆さんも不着や誤配の被害にあったときのために、保証してくれそうなネットショップで買い物をするといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。