【Logicool】7.1ch対応『G533』ゲーミングヘッドセットレビュー

どうも

ロジクールの G35 を発売直後からいまだに使用している たむら(tamuradotcom )です。

最近「ヘッドセットをワイヤレスにしたいなぁ」という衝動にかられております。

たむらが使用している G35 というヘッドセット、普通のコードと違ってめちゃくちゃ硬いんです。

G35コードの太さ

上が普通のイヤホンのコードで下が G35 のコードです。

比べてみると奥行きも含めると4倍くらいあり、めちゃくちゃ硬いんですよ。

警察が護送する時に使う腰紐くらいありますよこれ。

そんなことで、ワイヤレスのヘッドセットを探していると、ロジクールが 7.1ch に対応した『G533 Wireless DTS 7.1 Surround Gaming Headset』を発売しているではありませんか。

これは気になる!ということで見ていきたい思います。

G533 Wireless DTS 7.1 Surround Gaming Headset

G533 Wireless DTS 7.1 Surround Gaming Headset

G533 を見てみると、最近のゲーミングデバイスの流行りでもある LED でピカピカした感じがなくシンプルな作りになっています。

G533 で光る部分は、エンクロージャの側面にある小さな電源インジケータと、マイク部分にあるミュート/ミュート解除のインジケータだけです。

これは、低価格に抑えるためだそうですが、外見のつや消しのマットブラックと合わさり、逆に落ち着いた感じで高級感がでていいですね。

ワイヤレスの部分は、Bluetoothではなく、G533 専用のワイヤレスアダプタの2.4GHzを使用して通信します。

Bluetoothではなく、専用のワイヤレスアダプタを使用することによって遅延が少なくなっており、FPSや素早い判断が必要な状況下でも問題ありません。

重量は 351g とバッテリー内蔵のワイヤレスヘッドセットとしては軽いほうです。この辺りも長時間使用するゲーマーの事を考えての設計になっていますね。

さらに、バッテリー駆動時間は最大15時間と、十分すぎるほどです。

Headphone:X 7.1サラウンド テクノロジー搭載で敵の足音も聞き分けられる

Headphone:X 7.1サラウンド テクノロジー搭載で敵の足音も聞き分けられる

FPSでは、敵の足音や銃声などがテクニック以上に重要になってくる場面もあります。

今ヘッドホンから出ている音は右なのか左なのか、前なのか背後なのか、距離はどのくらいなのか、音の指向性がわかるだけでも試合を有利に進められます。

実際に、7.1ch 対応のヘッドセットとノーマルのヘッドセットでは音の指向性は格段と違います。

さらに、FPSやゲームだけでなく、音楽を聴く時にも 7.1ch なら良い音質で聴くことが出来ますね。

ワイヤレスだから装着したまま離席可能

やはりワイヤレスヘッドセットの一番の特徴は『ワイヤレスな事』でしょう。

有線のヘッドセットだと、どうしてもコードが腕や体に触れることになります。G35 のように編み込んだメッシュ系のコードだと摩擦によるストレスも多くなってきます。マウス感度が低いゲーマーだとマウスを動かすアクションも大きくなるのでヘッドセットのコードの煩わしさも大きくなってきますね。

ワイヤレスのヘッドセットにすることによって、コードが腕や体に触れる煩わしさが無くなり、マッチング中にヘッドセットをしながら飲み物を取りに行ったりトイレに行ったりすることができます。グループでボイスチャットをしているとマッチング中に戦略の話をしたりするため、『飲み物を取りにヘッドセットを外しているうちに話がわからなくなった』ということもありません。

ちなみに、最大受信距離は 15m ということで部屋からリビングやトイレまでには届くでしょう。「大豪邸で 15m じゃ足りないよ」という方は部屋に冷蔵庫を置くかトイレを増築しましょう。

さらに、マイクを上にあげると自動的にミュートになるため、ミュートし忘れて家族との会話がダダ漏れという事故も防げます。

接続端子は USB なのでパソコンだけでなく、PS4 で使用できるのもいいですね。

価格は、11,236円とワイヤレスヘッドセットの中では中くらいの価格です。

初心者ゲーマーも上級者ゲーマーでも満足できるヘッドセットだと思います。

参考Logicool G533 DTS 7.1 Surround Sound Wireless Gaming Headset – ja-jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。