mixhostでWordPress!!他サーバーから引越して1年後レビュー

mixhost

どうも

新しい物好きな たむら(tamuradotcom )です。

メインのウェブサイトを他サーバーからmixhost(ミックスホスト)に乗り換えました。

乗り換えた理由は色々ありますが、結果的に速度や機能面では大満足です!

今回は、たむらが『なぜ他のサーバーからmixhostに乗り換えたのか』を説明して行きたいと思います。

今のサーバーに不満がある人は参考にしてください。

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた理由

エックスサーバーからmixhostに乗り換えた理由

たむらの他サーバー歴は3年6ヶ月です。

メインのサイトはいわゆる『まとめサイト』と呼ばれるもので月間50万PVほどあり、Wordpressで運営しております。

最初の頃は他サーバーで快適に過ごせていたのですが、次第に

「メモリ使用率が高いからプラグイン外せ」

「キャッシュ見直せ」

「この記事削除しろ」

まあ、共有サーバーを使用しているのでしょうがないのですが、アクセス数に応じて上位プランを勧めてもらえれば素直に応じるのですが、勧めない理由としては上位プランにしてもメモリが増えるわけではなくディスク容量が増えるのみだからです。

※現在はメモリ上限が増えています。

ちなみに他サーバーから来る恐怖のメモリ警告(プロセス数の制限)メールはこんな感じです。

メモリ警告(プロセス数の制限)のメール

お客様のサーバーアカウントにおいて、
CPU負荷が著しく高い状況が確認されましたのでお知らせいたします。※12/7 19:46頃、12/6 19:31頃、高い負荷を検知しました。
※PHPプロセスにて非常に高い負荷が発生していることを確認いたしました。
※簡易的に調査したところ、
ドメイン名「ドメイン名」に対するアクセスが多いようでございます。
原因特定の参考にしていただければと存じます。
事後のご案内となり大変申し訳ございませんが、
同収容サーバーをご利用のお客様への悪影響が懸念されたため、
お客様のサーバーアカウントに対し下記の制限を個別に設けております。
▼サポートにて実施した制限内容
————————————————————
・同時に実行可能なプロセス数(プログラム数)の制限を強化※当制限下においては、CGI、PHPプログラムへのアクセスが集中した際に
リソース制限エラー(500エラー)が発生しやすくなります。
————————————————————

警告無しの一発規制です。

同じサーバーに置いたサイトすべてでプロセス数の制限がかけられ、500エラー連発でほぼ回覧不可能となりました。

すぐに負荷の多いプラグインと指摘された(WordPress Popular Posts)を削除し、メールを送ったのですが、

それでは数日程度、現在の負荷状況を確認いたしまして
問題のない水準にまで改善されておりましたら
今回実施いたしました制限の強化を解除いたします。負荷状況の確認には数日ほどの時間を要しますが
しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

ここからサーバーのプロセス数の制限が解除されるまで1週間ほどかかりました。

プロセス数の制限をする前に警告の一つでも欲しかったのですが、ウェブで生計をたててる方はわかると思いますが、1週間収益なしって相当辛いものです。

一般企業でいったら給料4分の1カットと言われてるようなものですからね。

制限を掛ける時は一瞬で解く時は1週間、これではプラグインを追加する前に徹底して負荷のチェックを行わなければなりません。

アクセス数が増えた事が原因ですが、アクセス数を増やす事が目的でもあるので何とも言えない所でもあります。

ということで、アクセス数が一番多いサイトを今話題の mixhost に移行する事にしました。

リンクアダルトOKのレンタルサーバー

今話題のmixhostとは

今話題のmixhostとは

現在乗りに乗っているレンタルサーバーと言っても過言ではなく、その勢いは他サーバーの社長が焦ってブログを更新するほどの勢いです。
さらにWordPressテーマ『Simplicity』の作者である寝ログのわいひらさんも mixhost に乗り換えており、その影響からか様々なブロガーさんが mixhost に乗り換えております。

では、mixhost というレンタルサーバー、どんなメリットがあるのでしょうか?

現在、様々なブロガーさんが mixhost の良さについて書いてますのであえて長々と書く必要はないでしょうからメリットを箇条書きで書いていきます。

mixhostのメリット

mixhostのメリット

  1. ディスク容量にSSDを使用しているので超スピード
  2. 各プランによってCPUとメモリが強化される←重要
  3. HTTP/2による高速化
  4. 格安
  5. LiteSpeed、サーバーを日本初採用で高速化
  6. アダルトサイトにも使用出来る

mixhost ですが、様々なメリットありますが僕が重要視したのは2番の『各プランによってCPUとメモリが強化される』という点です。

エックスサーバーでは、上位プランにしても転送量上限とディスク容量が増えるだけでCPUやメモリは強化されません。
なので他のサーバーでは高負荷ユーザーに対して上位プランを勧めずに、プラグインを減らすようにユーザーに勧告したりするのです。

さらに、これだけの高機能なのに格安料金!

ミックスホスト料金表

さらに、このプランはいつでも変更可能なので、「大手サイトで紹介されてバズった!」「ツイッターで話題になった!」「グーグル様ありがとう!」というような急なアクセス増加での負荷でも安心です。

リンクmixhost料金、機能一覧

他サーバーからmixhostに乗り換えて4ヶ月経過

他サーバーから mixhost に乗り換えて4ヶ月が経ちました。

サービス開始直後は大規模な障害や、数週間に1度の頻度で短い接続障害が発生していましたが、ここ最近はそれもなくなりすこぶる調子がいいですね。

それでは私が4ヶ月 mixhos tを使ってみて良かった点、悪かった点をあげていきたいと思います。

良かった点:権利関係をごちゃごちゃ言われない

これは賛否両論あると思いますが、2chまとめサイトなどをやっていると、どうしてもアンチなどから粘着を受けてきます。

そういった時に、他のサーバーでは、こちらの言い分を聞くことは無く、削除依頼のメールが来ただけでサーバーを停止しようとしてきます。

大きな事件で大手ニュースサイトが報じているニュースを掲載していても苦情が来ればサーバーを停止する警告がきます。

おそらくこれは『2chまとめサイト=悪者』という先入観があるのでしょう。

通常ならば双方の意見を聞いてから判断すると思うのですが、苦情を言ったもん勝ちなのです。

良かった点:急なバズにも即座に対応

やはりサイトを運営していると奇跡的に記事がヒットし急激なアクセス数が増加する『バズ』というものが発生するときがあります。

そんな時、他のサーバーでは、

「負荷があるので規制しました」

結果的に500エラー連発で機能せず…

チャンスをピンチに変えてくれるエックスサーバーです。

しかし、mixhos tなら即座に上位プランにするだけでオーケー、バズが終わったら次の月にプランを下げるだけです。

悪かった点:管理画面が慣れない

これは完全に僕だけかもしれませんが、いまだに管理画面に慣れません。

これまで数年間、他のサーバーに慣れ親しんだからかもしれませんが、mixhost は海外のサーバーのような管理画面な感じが親近感が湧きませんね。

mixhostでWordPress!!エックスサーバーから引っ越した感想まとめ

究極の安定性という事を考えれば長く運営しているサーバーなのでしょうけど、これからのウェブの流れを見ると時代はクラウド型サーバーでしょうね。

abemaTV のサーバーもクラウド型サーバーを採用しているそうですし、そのうち他のサーバーも追いついてくると思いますが、それを考慮しても全体的な対応は mixhost のほうがいいと思います。

さらに、mixhost は国内でも珍しいアダルトOKなサーバーのため、若干微エロなコンテンツを扱えるようになったため『まとめサイト』だけでなく、一般的なサイトの利用にもオススメできるサーバーだと思いますよ。

mixhostに乗り換えて1年後レビュー

他のサーバーからミックスホストに引越して1年が経ちました。

ミックスホストがサービスを開始した直後は、様々な障害やエラーが起きていましたが、最近は快適に使用できております。

特に書くこともないのですが、何もないことがウェブサーバーには大事です。

なんでもないような事が幸せだったと思う。参考までにどうぞ。

リンクmixhostの詳細を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。