日本語URLにSEO効果はあるのか?

サイトを構成するものは、サイト本体とその内容であるテキスト、そしてサイトの場所を任意に指定するためのURLです。

「~.com/ SEO効果はあるの? 日本語URLとは」など、日本語が入ったURLを見たことはありませんか?
たまに見かける日本語のURLが気になっていたけど、意味は知らないしどうして日本語にしたのだろうと思われている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、そんな日本語URLについてお話します。

日本語URLのメリットって?

日本語URLとは、コンテンツページなどのURLに日本語を使用したものです。
近年国内では日本語URLを使用したサイト(楽天など)が多く存在し、googleの検索結果の上位に上がってくるコンテンツも多く存在します。
ドメインではなくコンテンツページを日本語にできるので、コンテンツに沿った日本語で表示できるのが特徴です。

日本語URLのメリットは、

  • 直接アクセスされやすい(ひと目でどんなページ・サイトか分かる)
  • 商品の名前で制作すれば宣伝もできる

以上のような点が挙げられます。

英語やローマ字ではURLを意識して見ることはありませんが、日本語を使用していればひと目見てページの内容・商品などを認知することができるのです。

ページ制作側としてはより宣伝集客に繋がりやすくなり、ユーザー側としてはより求めている情報へ早くたどり着けることになります。

有効的な宣伝方法としてURLを用いるという、効果的な方法が日本語URLと言えるでしょう。

Googleは日本語SEOをどう思ってる?

その国の言語でURLを構成することをGoogleは勧めるか?

この質問に対して、Syed Malik Mairaj氏が回答しています。

ベストなのは、コンテンツと同じ言語をURLでも使うことだ。
なぜなら、URLは検索結果で目に見えるし、ブラウザでも見えるからだ。
ユーザーは入力したURLのページにアクセスできる。

コンテンツと同じ言語のURLにしておけば、たとえばヒンディー語のコンテンツを提供していてURLもヒンディー語にしておけば、それはヒンディー語ユーザーにとっては優れた体験になるだろう。

だけど、現在が英語のURLで何も問題がないなら、URLが英語でコンテンツがヒンディー語という状態がランキングに(悪い)影響を与えるということではない。

ただし長い目で見ると、コンテンツと同じ言語のURLにしたほうが良いように思う。

URLにコンテンツと同じURLを使ったほうがいいとSyed Malik Mairaj氏は勧めてます。

理由は、URLは検索結果やブラウザで表示されるので普段使っている言語のほうが認識しやすいというユーザー体験の観点からです。

日本語URLはSEO効果があるか?

宣伝になりやすい日本語URLですが、果たしてSEO効果はあるのでしょうか。

結果から言えば「昔は期待出来たが、近年では成果を期待することはできない」です。

日本語URLを使用すれば、検索結果が表示された際に見やすいからとクリック数を上げることができた時期も過去にはありましたが、近年ではURLより順位やディスクリプションに注目が集まります。

「URLに言葉が入っているだけかもしれない」と考えるユーザーが増えたことが、効果の薄れてしまった原因です。

しかしメリットでも紹介したように、日本語URLというだけで印象に残り、また入力も簡単です。

また、日本語URLの強みは、検索結果とURLがリンクしていれば検索結果ページで太文字表記される点です。「ニキビ 痛い」と検索したページで、「~co.jp/ニキビが痛い原因~/」と書かれたURLが太文字で表記されていたら、おのずと目に留まり集客も増えていくことでしょう。

メリットの多い日本語URLですが、実は日本語を機能できる文字列にするには特殊なコードに変換する必要があります。

これにより、コピーをして貼り付ける際は日本語が反映されず、数字や記号に変換されるのでURLが長くなるというデメリットがあります。

ユーザーによってはその長いURLを不快・不便に感じることもあるので、一概に日本語URLを使えば全てのユーザーが喜ぶという訳でもないのです。

ユーザーに親切なサイトを作るためにも、よりユーザーの使いやすさを意識したURL作りをしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です