【SteelSeries】世界最先端のセンサーシステムを搭載したゲーミングマウスRival600を発売

どうも

マウスコレクターの たむら(tamuradotcom )です。

『SteelSeries』が新たにゲーミングマウス『Rival 600』を2018年3月16日に発売することを発表しました。

世界最先端のセンサーシステム、TrueMove3+を搭載したRival600

『Rival 600』は、従来のマウスで使用されていた光学センサー『TrueMove3』と最新の『TrueMove3+』の2つのセンサーシステムを搭載し、真の1対1トラッキング、世界最高の精度と最小0.5mmのリフトオフディスタンスを実現。

両サイドは取り外し可能になっており、中に4gの重さのおもり8個で調整可能。

サイドには耐久性に優れたシリコン製グリップで激しい操作でも安心。

さらに、マクロを組んでマウスにオンボード保存しておくことができるため、LANパーティやオフラインイベント、ネットカフェなどでパソコン環境が変わってもいつもの環境で操作することが可能です。

調子が悪くてドライバを再インストールした際など、マクロや設定をいちいち最初から入力しなくてもいいのですからオンボードで保存できるのはかなり便利ですね。

デザインに関しては、いままでのRivalシリーズはロゴとホイールが光るだけだったのですが、Rival600では、ロゴ+ホイール+持ち手部分 が光るようになっており、パソコンまわりをLED系で固めている人には嬉しいデザインとなっています。

日本での発売価格は11,800円とゲーミングマウスでは少々高めの価格となっていますが、最新のセンサーシステムや様々なカスタマイズなど価格に見合う性能ではないでしょうか。

製品詳細

センサーシステム:SteelSeries TrueMove3+デュアルセンサーシステム
プライマリセンサー:TrueMove 3光学ゲーミングセンサー
セカンダリセンサー:Depth Sensing Linear Optical Detection
CPI:100-12000, 100 CPI可変式
IPS:350+、SteelSeries QcK表面で
加速:50g
ハードウェア加速:なし(ゼロハードウェア加速)
リフトオフディスタンスカスタマイズ可能:0.5mm~2mm表面素材:ブラックソフトタッチ
筐体メイン素材:繊維強化プラスティック
形状:エルゴノミクス、右利き用
グリップスタイル:ユニバーサル
ボタン数:7
スイッチのタイプ:6,000万回のクリック耐久性を誇るSteelSeriesスイッチ
Illumination:8 RGBゾーン、個別コントロール
重量:ケーブルなしで96g。128gまでカスタマイズ可能
長さ:131mm
幅:62mm (前部)、62 mm (中央)、69 mm (後部)
高さ:27mm (前部)、43mm (後部)
ケーブルタイプ:取り外し可能、ソフトラバー製
ケーブル長:2m、6.5フィート

参考Rival 600 Gaming Mouse|SteelSeries

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。