『TEMPO』ティッシュレビュー!!ドイツお土産定番の耐久性に優れたティッシュ

ドイツお土産定番の耐久性に優れたティッシュ『TEMPO』

どうも
ハイパーメディアクリエイターのたむら(tamuradotcom )です。

ドイツのお土産定番ティッシュ『TEMPO』。

海外に行った人のお土産でたまに貰ったりしますよね?

少し文字を間違うと大変な事になりそうな名前ですが、ドイツでは一家に1つ、必ず『TEMPO(テンポ)』があるそうです。

今回はそんな、海外のフレンドからもらったティッシュ『TEMPO』をレビューしていきたいと思います。

ドイツの定番超タフティッシュ『TEMPO』

“TEMPO”は言ってしまえばティッシュペーパーですが、日本で使われているものとは全くの別物です。

tempo_thissue2Jun-10-2015

耐久性

4枚重ねの構成になっており、日本のティッシュペーパーとは耐久性が全く異なります。

メガネやカメラのレンズを拭いたり、手を洗った際に水を拭き取ったりしても問題なく繰り返し使えます。

日本でいうハンカチの様な使い方のイメージですね。

tempo_thissue3Jun-10-2015

耐水性

水に濡らしても、日本のティッシュペーパーのようにボロボロと崩れてしまうことは有りません。

過去には『洗濯機で洗っても問題ない』という謳い文句で宣伝を行っていたそう。

普通のティッシュペーパーを洗濯機で洗うとボロボロになってしまい大惨事ですが、TEMPOだったら大丈夫のようですね。

たむらは試したこともないですし、試す予定もないので試してみた方は感想を教えてください。

tempo_thissue2Jun-10-42015

使い心地

使い心地は、日本のティッシュペーパーと比べるとかなり分厚いので初めは違和感があるかもしれませんが、慣れるとかなり便利。

風邪を引いている時や、花粉症の時期には使い捨てハンカチとして重宝します。

tempo_thissue1Jun-10-2015

ドイツの方は使ってはポケットにしまい、繰り返し使っているそうです。

鼻水をかんだティッシュをポケットにまたしまうのはちょっと抵抗が有りますが、ドイツの文化なんだそう。

1日使い捨てと考えれば、ハンカチの様に洗うわずらわしさが無くていいかもしれません。

しかし、準潔癖症の田村には、ティッシュは使い捨てであり、一度使用したティッシュを再び使用するという行為はNG。

値段も若干高いのでTEMPOを使用するにはかなりの勇気が必要でしょう。

一味違うドイツ生まれのタフなティッシュ、”TEMPO”の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。