wpXはクラウドが断然オススメ!6つのメリットとデメリット

最近、お風呂入りながらふと思った事があります。

それは、「エックスサーバーでWordPressしか使ってないなら『wpX』で良くないか?」という疑問。

まあもっと早く気づくべきでしたが、灯台下暗しという言葉もありますからね(汗)

ということで今回は、WordPressに特化したエックスサーバーの『wpX』(ダブリューピーエックス)に迫っていきたいと思います。

WordPressに特化した『wpX』とは

wpX、WordPress

この記事を読んでるという事は『wpX』が何かはもうご存知だと思いますが知らないという人のために今一度おさらい。

『wpX』とはエックスサーバーが提供しているサービスでその名の通りWordPressオンリーのサービスです。

WordPressオンリーということだけあって値段もエックスサーバーの半分ほどと値段的にも安いです。

『wpX』にはレンタルサーバーとクラウドの二つがあり、クラウドはかなり細かくグレードが区切られていて自分にあったプランで始める事ができ、アクセス数の増加や急なバズなどがあった場合のプランの変更も簡単です。

まあなにが言いたいかと言うと、『wpX』を契約するならクラウドがオススメですよ!という事です。

最近の流れはクラウドが主流ですし、mixhostもクラウドですし、やっぱり急なアクセス数の増加などですぐ対応できるのは便利ですよと。

何と言っても月額500円から始められるのは、WordPress初心者でも安心ですよね。

ブログあるあるですが、突然めちゃくちゃやる気でてドメインとってブログ始めるけど続かなかったみたいな人でも500円しか痛手がありません。

そして何より初期費用が0円というのも『wpX』クラウドをオススメするポイントでもあります。

しかしここまでオススメする『wpX』のクラウドにもデメリットがります。

『wpX』レンタルサーバーのメリットとデメリット

メリット

  • マルチドメイン対応で複数のブログを作成可能
  • メールアドレスが無制限に取得できる

デメリット

  • アクセス数が増えるとすぐにメールが来てリソース制限をかけられる(503エラー連発)
  • 収容人数が多いため、アクセスが集中するゴールデンタイムはサーバー処理が遅くなる
  • 初期費用高すぎ(5,000円)

参考wpXレンタルサーバー

『wpX』クラウドのメリットとデメリット

メリット

  • 最大転送量が多い
  • 急なアクセス数増加でもすぐプランを変更して対応可能
  • 初期費用0円

デメリット

  • 1つのドメインしか運用出来ない
  • メールアドレスが取得出来ない
  • SSHやcronは使用出来ない

参考wpXクラウド

『wpX』クラウドとレンタルサーバーの比較

『wpX』レンタルサーバー 『wpX』クラウド
初期費用 5,000円 0円
月額料金 1,000円 500円
ディスク容量 30GB(SSD RAID0) 10GB(SSD RAID0)
転送量制限 50GB/日 300GB/月
想定訪問数超過時の従量課金 なし なし
マルチドメイン 10個 1個
CPU 不明 不明
メモリ 不明 不明
サーバー収容人数 不明 不明
電話サポート あり あり
メールサポート あり あり
MySQL 10個 1個

沢山項目がありますが簡単に説明すると、

  • 10個ブログを作りたい人は『wpX』レンタルサーバー
  • めちゃくちゃアクセス数があるブログを1個運営するなら『wpX』クラウド

という事です。

wpXはクラウドが断然オススメ!6つのメリットとデメリットまとめ

僕の場合は1つのドメインで運用すると決めており、メールアドレスはGmailを使用するので必要ないですし、さらに過去に何度か大手ニュースサイトで紹介されバズった経験もあるので、急なアクセス数増加に対応出来る『wpX』クラウドにしました。

使用感などはこれから使ってみてですかね。

ということで、新しくWordPressを始めるという方は『wpX』も選択肢に入れてもいいかもしれませんね。

公式サイトwpX(ダブリューピーエックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です