【考察】『LINEアカウントを2つ作る方法』を全て試してみた結果

【考察】『LINEアカウントを2つ作る方法』を全て試してみた結果

どうも
ハイパーメディアクリエイターのたむら(tamuradotcom )です。

皆さんは、LINEアカウントを2つ欲しいと思ったことはありませんか?

仕事用・プライベート用・客用・ネット用・浮気用・ネカマ用など、人によって様々な使い道があります。

Google検索でも、

「LINEアカウント 2つ」「LINEアカウント 複数」「LINEアカウント2つ作る方法」

と、かなりの数の人がLINEアカウントを2つ欲しているようです。

実際に僕も2つもっており、色々と試行錯誤しました。

というわけで、今回は『僕が最終的にたどり着いたLINEアカウントを2つ作る方法』をご紹介していきたいと思います。

LINEアカウントを2つ作る方法

LINEアカウントを2つ作る方法

LINEアカウントを2つ作る方法は、ネットで検索すると様々出てきますが、ぼくの条件としては、

  • 電話番号認証ができる
  • 復元が簡単
  • IDで友達追加が出来る
この3つが最低条件になります。

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

①.Facebookログインを利用したLINEアカウント作成方法

Facebookログインを利用したアカウント作成

一番有名なのはこの方法ですね。

やり方は、

  1. LINEアカウントを作成
  2. メールアドレスとパスワードを登録してパソコン版でログイン
  3. LINEをアンインストール
  4. 再びLINEをインストール
  5. Facebookでログインから”年齢認証をしない”でアカウントを作成

良い点

・電話番号とFacebookアカウントだけで作成できる
・簡単に出来る

悪い点

・年齢認証が1台しかできない
・1台のスマホだけだと切り替えが面倒
・2つ目のアカウントでの友達追加は、ふるふる かQRコードで行うことになる

評価

お金もかからず一番簡単で有名な方法ですね。

しかし、Facebookで作成した方は、年齢認証できないため、IDで友達追加できないなど色々と制限がかけられます。

さらに、電話番号と紐付けていないため一度アカウントを失ってしまうと復元が出来ません。

ということで、この方法は無しです。

参考LINEでアカウントを削除せずに複数のLINE IDを取得する方法

②.固定電話の電話番号を利用したアカウント作成方法

固定電話の電話番号を利用したアカウント作成

実は、LINEアカウントって携帯電話の番号じゃなくても作成出来るんです。

やり方は、

  1. LINEアカウント作成の利用登録の電話番号に固定電話の番号を入力
  2. 『通話による認証』を選択
  3. 固定電話に電話がかかってきて機械が認証番号を読み上げます
  4. スマホに認証番号を入力して完了

評価

固定電話からLINEアカウントが作成できるとは、完全に灯台下暗しですね。

実家暮らしで固定電話がある人にはいいかもしれません。

しかし、今の御時世、固定電話が無い家庭も多く、一人暮らしではほとんど持っていないと思います。

実際に僕も固定電話は持っていないのでこれも無しです。

③.LINE@でアカウントを作成する方法

LINE@でアカウントを作成する方法

番外編のような感じですが、これは完全にサブアカウントとして割り切って使う方法ですね。

お店用やコミュニティ用のLINEアカウントを個人で使う感じになります。

やリ方は、

こちらから LINE@ へ登録申請するだけです。

良い点

・めちゃくちゃ簡単
・罪悪感なし!

悪い点

・通常のLINEアカウントと違う(お店アカウントや公式アカウントの扱い)
・自分から友達追加ができない
・チャットのシステムやらなにから使いづらい
・普通に使ってたらめちゃくちゃ怪しい

評価

これは無いですね。

相手から見ても通常のLINEとは違うので違和感があります。

クリエイター的な人でも無い限りLINE@のアカウントを教えてくる人とはあまり友達になりたくないですね。

④.たむらが選んだ『LINEアカウント2つ作る方法』を紹介

上記でご紹介したのは、お金はかからないけど面倒で電話番号認証が出来ない方法です。

他にも、海外のアプリで電話番号を取得して認証を通すやり方もありましたがBANされてしまい現在は対策され使用することができません。

僕が求めているのは、『BANされることもなく電話番号認証が出来るLINEアカウント作成方法』です。

というわけで、僕が色々と試してたどり着いた結果は、

LINEモバイルのデータSIM(SMS付き)を契約してデュアルSIM対応のスマホで運用する

です。

「おいおい、結局LINEモバイル契約すんのかよ…」と思った人もいると思います。

でも少し考えてみてください。

広告なくなってバックグラウンド再生ができるだけのYouTubeプレミアムは月額1180円です。

落ち目のニコニコプレミアム会員は月額540円です。

LINEモバイルのSMS付きデータSIMの最低料金で契約すれば月々¥672(税込)ですよ!

もしLINEアカウントが「2つ目は672円です」って言われたら安いと思いませんか?

では、たくさんある格安SIMのなかから、なぜLINEモバイルなのか?

それは、どうせ070のSMS電話番号を取得するならLINEの年齢確認が出来るSIMがいいため

色々と試しましたが結局はこれが一番です。

070の電話番号で認証しているため、万が一復元するときも簡単&LINE IDも作れてIDから友達追加もできます。

参考LINEモバイル

LINEモバイルを最低月額料金で登録する

まずはじめに、LINEモバイルを契約しましょう。

LINEモバイルでは、ソフトバンク回線とドコモ回線がありますが、ぼくはドコモ回線をオススメします。

その理由は、最初に一度ソフトバンク回線を契約したのですが、自宅が圏外だったのです。

※場所的には都内で電波は大丈夫だと思うのですが、マンションがSRC造(鉄筋鉄骨コンクリート)のため、部屋までソフトバンクの電波が入ってこない

LINEモバイルでは、契約後8日以内であれば初期契約解除ができるため即効解約してドコモ回線を契約しました。

契約に必要なのはクレジットカードと身分証明証だけ。

身分証明証に使えるのは、免許証、それ以外では補助書類として3ヶ月以内の公共料金の領収書が必要になります。

公共料金の領収書はクレジットカード払いにしていると補助書類として認めてくれないので、免許証が一番早いです。

参考LINEモバイル

最低月額料金を選択

LINEバイル登録

プランは、

  • LINEフリー
  • 1GB
  • データSIM(SMS付き)

こちらが、LINEアカウントに認証できる必要最低限の価格(672円)になります。

契約後すぐにSIMカードが宅急便コンパクトで発送され、都内なら次の日には届きます。

LINEモバイル

開けるとこんな感じで入っています。

普段開けるのはAmazonの封筒や箱ばかりなので、こういう丁寧な包装をあけるのはウキウキしちゃいますね。

LINEモバイル2

この中に、SIMカードとLINEモバイルマニュアルが入っています。

あとは、上の写真のSIMカードをポキっとしてスマホにセットするだけです。

その時に忘れずにAPN設定もしてくださいね。

参考APN設定方法(Android) | サポート | LINEモバイル

参考APN設定方法(iOS・iPhone) | サポート | LINEモバイル

これでLINEアカウント2つはオッケーです。

あとはスマホを用意するだけです。

デュアルSIM対応のスマホでLINEアカウントを2つを楽々運用

上記でLINEモバイルSIMカードを手に入れたあなたの手元には、『元々持っていたSIMカード』と『LINEモバイルのSIMカード』があるはずです。

この2つのSIMカードを1台で運用できて、LINEアカウントまでも切り替えれるスマートフォンがあるのです。

それがこの Huawei P20 lite(P20 P20 proでも可)

その他にも色々とありますが、コスパに優れているのはHuawei P20 liteでしょう。

デュアルSIMに対応しているため、nanoSIMカードを2つセットできます。

iPhoneでいちいち入れ替えて使う方法もありますが、面倒くさすぎますよね。

『ツインアプリ』でLINEを2つに増殖させる

『ツインアプリ』でLINEを2つに増殖させる

Androidの一部の端末には、『ツインアプリ』と呼ばれる機能があります。

このツインアプリは、1台のスマホの中でアプリを複製して別々に運用できるという機能です。

要するに、これまでは1台のスマホに1つのLINEアプリでしたが、ツインアプリを使えば1台のスマホの中に2つのLINEアプリが出来るということです。

LINE以外にも色々SNSなアプリを複製することが出来るので2つのスマホで使い分けるよりも楽というわけですね。(LINE、Instagram、Facebook、Messenger、Twitter、Whats Up etc..)

このツインアプリとデュアルSIMがあれば、いつでも簡単に2つのLINEアカウントを使用できるというわけです。

LINEモバイルならいつ解約しても違約金なし

LINEモバイルでは、音声通話SIM以外なら、いつ解約しても違約金がかかりません。

「契約したけど1ヶ月後に不要になった(´・ω・`)」

そんな飽き性なあなたも不要になったら解約するだけ、かかる費用は月額料金と事務手数料のみです。

※音声通話SIMだと最低利用期間12ヶ月でそれ以下で解約すると違約金として9,800円がかかります

まとめ

結局の所、電話番号認証できて年齢認証できるのはLINEモバイルだけなんです。

Facebookで作る方法は電話番号で認証していないため、アカウントが消える危険があります。いい感じになった相手とのLINEの最中に消えてしまっては嫌でしょう。

他にもわけのわからない業者からLINEアカウントを買う方法もありますが、そんなものはすぐ無効になってしまいアカウントごと消えます。

LINEモバイルに672円払って安心して運用する。

これが僕が最終的に僕がたどり着いた『LINEアカウント2つ作る方法』です。(070番号が複数あると色々なサブ垢が作成できるので便利ですよ)

LINE MOBILE キャンペーン情報
LINEモバイルなら『誰でもみんなスマホ基本料300円キャンペーン中!!』
スマホ代が10人に1人タダになるチャンス!!&最大30,000ポイントプレゼント!!
詳細LINEモバイル、新TVCM放映記念スペシャルキャンペーン

3 Comments

アバター 匿名

フェイスブックの方法で作ったけどミスって消えちゃった(T_T)
やっぱり電話番号と紐付けされてないと怖いと思った冬
LINEモバイル契約してきます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。